プレスバランス用マス目抜型の権利は、当社の関連会社である株式会社CPJ(カウンタープレートジャパン)が有しています。当社でも販売をしています。

プレバランスシート導入後のメリット!

紙粉が少なくなる
コストパフォーマンスが良い
抜型の寿命が延びる
古い保護プレート、ムラ取り用紙も使える
打抜機自体のメンテナンスでのバランス補正では、今迄のムラ取り用紙は使えなくなります。
プレバランスシートは専用保護プレートを作成しますので、従来の保護プレートと交換する事で、これまでのムラ取り用紙を使用する事が出来ます。

プレバランスシート概要
1. プレバランスシートは20ミクロン厚の超硬質のPPSフイルム10層で構成
2.50mmピッチの抜型でハーフカットをします。
抜圧の弱い個所は1枚、強いところは複数枚が切れます。
3.切れたプレバランスシートを全て剥がすことで、抜圧調整の基盤が作られます。

導入事例

prebarance2012090701.jpg
石川県野々市の沖野紙工様にてプレバランスシート補正で新抜型時のムラ取り時間が80%減ったとの状況が訪問して明らかに成りました

権利関係について

特許第5197870号に於いて「打抜機のバランス補正シートの製作方法、並びにバランス補正型、並びに打抜機のバランス補正方法、及び打抜機のバランス補正シート」で請求項目全てにおいて権利が認められています。

確かにマス目の抜型は世の中に沢山存在しています。が!プレバランスシートでの使用出来る抜型は当社に権利が有り事から他の抜型を使用すると権利侵害に成ります。
現在!代理店の(株)ナカヤマ様と有功社シート貿易様において権利使用権を当社CPJは認めています。

当社も含め3社の間では指定刃物として(株)ナカヤマ製「PRESSBALANCE」と名前の入った刃物を使う事を義務として、又抜型製作する場合は3社の了解を持って抜型の製造許可を出しております。

1004831_531972416856627_1228078862_n.jpg

 

1006012_530101667043702_1986033994_n.jpg