包装設計〜事例7

ひとつに梱包した物をユーザー先で二つに割る事の出来る包装。

3案を提案しました。


案1

1.真ん中をミシンにして後で切り離しが可能です。

2.フラップに切り込みを入れて、うでの突起を入れる事で、安定した組み立てをする事が出来る。

3.最後の差込に切り込みを作る事で抜けない様にした。

 

案2

 

1.真ん中をミシンにして後で切り離しが可能です。

2.左右の外側部を巻き込み組む事でのり付けをなくした。

案3

 

1.真ん中をミシンにして後で切り離しが可能です。

2.左右の外側部を巻き込み組む事でのり付けをなくした。

3.出来るだけ材料がいらない様にした。

4.アメリカ底の掛け合わせ部分が短くしてあるので、真ん中を押す事で簡単に開封する事が出来、又輸送時の開封してしまう事が無い。

 

事例一覧へ戻る

 
All contents copyright(c) MAKE A BOX! All rights reserved.